RO水の安全性が優れていることと天然水

ウォーターサーバーを利用する人たちは水の安全性ということを第一に考えていると思います。おしゃれ度なんて2の次、という方が多いのではないでしょうか。

水道の水は臭いが気になったり、放射能汚染も心配されるなどの理由からかもしれませんが、ですが安全性から考えると水道の水は基本安全です。そしてウォーターサーバー会社が製造している水の中には大きく分けてRO水というものと天然水というものがあります。

◯天然水
天然水は自然の恵みがそのまま水になっているので安全で体にも良いものであります

◯RO水
一方RO水は水道の水を使っていることが多いのであり、それにミネラル成分を添加してミネラルウォーターとして販売しているところが多くなっているのです。

どちらもミネラルウォーターですが、自然に近いものと人工的なものという違いがあります。

ではどちらが安全かという点ではRO水ということができます。RO水は逆浸透膜によって目では見えないミクロンの世界の微小なものまで菌を取り除いてしまうからです。

それは無菌といっても良いくらいです。逆浸透膜というのは実に優れており、信頼性は高いのです。

水道の水という基本安全な水に、なおかつRO水でろ過しているので極めて安全な水なのです。

一方天然水は山岳地帯からの水とはいえ、そのエリアに降る雨が汚染されているかもしれない可能性があること、そして検査をしているとはいえ、RO水ほどのレベルの安全性はないかもしれないのです。

一般的には天然水のほうが「安全」「おいしい」「人気」という事がありますけどRO水は日本のメーカーが心血注いで開発した濾過機能と何重もの水質チェックを行っているということに注目すると信頼できるお水だという事がいえるのです。