オシャレ度よりも放射性物質の検査で選んだ

購入のきっかけは、4年前の東北の震災直後の、水不足と原発による放射性物質の混入の懸念からです。

安全な水が欲しいと思い、家族会議の上でアクアクララに決めました。アクアクララは放射性物質の検出限界値でNDとなっており0という保証は無いものの信頼できると思ったからです。冬至は逼迫した状況でしたので「ウォーターサーバーのおしゃれ度」なんてことは一切考えてもいませんでした。

もとより水道水をあまり飲まない家族でしたが、震災後からはやはり過敏になってしまい、当然の判断だったとは思います。

ミネラルウォーターでも良いのですが、毎度毎度買うというのも、それなら届けてもらおうと思い購入しました。

実際は、ただの水、吟味した割には軽々しい気持ちで購入しましたが、いざ使ってみると、その便利さに感心してしまいました。

一年365日、いつでも冷たいお水が飲め、また小腹がすいたら待たずにカップラーメンが作れる(3分は待ちますが)熱湯(90度)がだせる。

圧倒的に、ただのペットボトルとのクオリティの差に気がつきました。その上、1人あたりの単価はスーパーの特売の方が安いものの、平均的に見れば、若干安め、安くて便利で、家に届くのだから、何一つ文句はありません。

と、いうのは嘘でした、少しは文句があります。

それは、ウオーターサーバーの構造上、水が終わりの方になると、残っているのにタンクに溜まって出てこなくなる事。これは他のウォーターサーバーではデザインや構造がよくなってるものもあるらしく、問題無いという話も聞きましたけど。

まあ、カバーを外して、傾ければ出るので問題無いといえば問題ありませんけど、できるだけ手間は省きたいと思うのが人間のサガでしょうか。。

それ以外は、使ってて良かったとしか思えません、オススメです。