ウォーターサーバーの水とボトルには2種類がある

ウォーターサーバーの水には2種類あります。

1つめはRO水です。逆浸透膜という不純物をほぼ完全に取り除ける装置を使って水をろ過しています。

水道水には塩素、トリハロメタン、鉛などの不純物が混入していて、そのまま飲むのは危険です。特に体が小さな赤ちゃんや子供は影響を受けやすい可能性があります。赤ちゃんのミルク作りに水道水をそのまま使うのは避けたいです。RO水は有害な物質を取り除いているので、赤ちゃんにも安心して与えられます。

RO水はミネラルも取り除かれてしまうので、ミネラルを添加したものが多いです。水道水を利用することが多いので安いのが特徴です。しかしこの人工的に添加したミネラルに疑問を持つ方も多いのが事実です。日本の食品衛生法では添加物を定義していますが、それもどこまで安全なのか怪しいと感じている人も多いのです。

2つめは天然水です。自然の水を採取したものです。

日本は水に恵まれていて、自然から採取した水を飲むことができます。海外では飲むのが危険なことが珍しくありません。

ウォーターサーバーの天然水は富士山や日田など豊かな自然に囲まれた水源地から採取しています。自然が水をろ過したきれいな水です。富士山の水の場合は、花崗岩を通過するときにミネラル成分が水に溶け込みます。他の採水地でもミネラルを含んだ水を得られます。人工的にミネラルを加えていない自然の水です。加熱殺菌など最低限の処理のみを行っています。

水の種類とは異なり、ボトルの種類も2種類あります。1つが「ワンウェイ」と呼ばれるもの。もう1つが「回収型」と呼ばれるものです。
どちらもメリットデメリットがありワンウェイはポイ捨てができ、回収型は業者がボトルを持って帰るもので再利用できるペットボトルという事です。

回収型は大きくてかさばる傾向があり、空のボトルが自宅にゴロゴロしてるのはまったくおしゃれではないので嫌う人も多いのです。